株式会社SmartHRの導入事例紹介セミナーを共同開催

請求書自動化AI「sweeep(読み:スイープ)」を運営するsweeep株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村山毅、以下当社)は、株式会社SmartHR 稲毛槙子氏とkickflow 重松泰斗氏をお招きしオンラインセミナー「購買申請と支払依頼の「痒いところ」はどこ? ~稟議と請求管理DXのリアル~」を2021年9月15日(水) に共同開催します。「sweeep」と「kickflow」のそれぞれのプロダクト紹介に加え、両社の製品をご導入いただいている株式会社SmartHR 稲毛氏より、実際の使用感やDXの進め方、導入による効果についてお話いただきます。

■ 開催概要
・日時:2021年9月15日(水) 18:00 – 19:00
・会場:オンライン(Zoom)
・費用:無料
・申込方法:以下のフォームから、お申し込みください。
https://forms.gle/rgV9wmGRZSYNdGDm6

■ 対象者
・経理、情報システム、総務のご担当者さま
・バックオフィス業務に課題を感じている責任者さま、経営者さま
・購買申請から支払依頼、経理処理の効率化を検討されている方

■ 内容
・「sweeep」製品紹介
・「kickflow」製品紹介
・SmartHR様 導入事例のご紹介、DXの進め方

「sweeep」と「kickflow」のそれぞれのプロダクト紹介に加え、両社の製品をご導入いただいた株式会社SmartHRをお招きし、実際の使用感やDXの進め方、導入による効果についてお話いただきます。「sweeep」と「kickflow」のAPI/Webhookを用いた実務レベルでの活用事例についてもご紹介いただく予定です。

■ 登壇者

稲毛 槙子氏

(株式会社SmartHR コーポレートグループ経理ユニット)
新卒で電気メーカーグループ会社に入社し、経理部にてソフトウェアの原価計算を担当。幅広く経験を積みたいという思いから転職し、ベンチャー企業2社にてバックオフィス業務全般、経理部門立ち上げ、サービス品質管理などの経験を経て、2017年10月にSmartHRに入社し、経理業務全般を担当。

重松 泰斗氏
(株式会社kickflow 代表取締役)
Webディレクター、プロダクトマネージャーとして複数のサービス立ち上げを経験。その後、社内ヒアリングや顧客ヒアリングを重ねる中で「稟議・ワークフローにおいて共通する課題」に気づき、2020年2月にkickflowを共同創業。マーケティングやセールス、カスタマーサクセスなどビジネス領域の全般を担当。

村山 毅
(sweeep株式会社 代表取締役/CEO)
慶應義塾大学を卒業後、会計系コンサルティングファームにて経理・人事領域を中心にシステム構築、BPO、業務改革等のコンサルティングに従事。2011年にsweeep株式会社を設立し、自動化による業務改善コンサルティング事業を開始。RPAコンサルティング事業、BPO事業を開始し、2018年に受取請求書自動化AI「sweeep」をリリース。オフィスから紙を無くしたいと思ってる。