受取請求書クラウド「sweeep」、仕訳学習機能をアップデート。自動化の対象範囲拡大でさらなる業務時間の削減が可能に。

オートメーションラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:村山毅、以下当社)は、当社が提供をする受取請求書の自動処理クラウド「sweeep」において、仕訳学習機能を大幅アップデートいたしました。このことにより受取請求書処理の自動化の対象範囲が拡大し、さらなる業務時間の削減が可能になりました。

■ 学習機能アップデートの背景
かねてよりsweeepは請求書に特化したAI-OCRとして、高い読取精度(※1)と仕訳・振込情報の学習機能を提供してまいりました。これにより受取請求書処理の最大80%の業務を自動化することができておりましたが、より一層業務の自動化を実現すべく仕訳学習機能を強化いたしました。

※1:ユーザ検証時に請求書1枚あたり98.53%精度を実現

■ 学習アップデート機能の詳細
<アップデート前>

  • 取引先1つに対して1つの仕訳のみ学習が可能だった。
  • このため同一取引先から複数の請求書を受領する場合に仕訳入力を自動化できないケースが発生していた。

<アップデート後>

  • 同じ取引先に対して複数の学習データを作成することができるようになった。
  • 請求書に記載されたキーワードなどからAIが判定し適切な学習済み仕訳を選択できるようになった。
  • 過去の学習(別取引先含む)を呼び出し、簡単に仕訳入力ができるようになった。

■ 利用ユーザの声
「今回のバージョンアップ、とてもいいですね。来月使ってみるのがとても楽しみです。これで月次の工数もさらに削減できるようになりそうですね!今後もバージョンアップ楽しみにしております。」
「これを使えばかなり業務の効率化ができそうですね!」

(東京証券取引所市場第一部上場企業 経理ご担当者様より)

■ 今後の展開
sweeepは読取精度や仕訳学習において最高レベルの機能を提供してまいりました。このたびの学習機能アップデートに加え、今後は請求明細読み取り機能(※2)の強化を行い今後もさらに高い品質を実現してまいります。

※2:明細金額読み取り機能はすでに実装済み