「sweeep」が情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格認証を取得

請求書の受取から保管までの経理処理を自動化するクラウド「sweeep」の運営を行うオートメーションラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:村山毅、以下当社)は、この度、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の第三者認証基準である国際規格「ISO/IEC 27001:2013」および国内規格「JIS Q 27001:2014」(※)の認証を2021年1月21日付で取得したことをお知らせいたします。


■ISMS取得の背景

オートメーションラボ株式会社が開発する「sweeep」は2018年12月にサービスを開始して以来、 様々な業種・業態規模の企業に導入され、経理業務におけるペーパーレス化やコスト削減、リモートワーク(在宅勤務)の実現に貢献してまいりました。昨今のリモートワーク推進に伴い「sweeep」の導入数が増加。情報セキュリティ管理体制に対するニーズの高まりから今回の認証取得にいたりました。今後も「sweeep」をさらに安心してご利用いただけるよう、情報セキュリティポリシーに基づき、情報セキュリティ管理体制の強化と改善に努めてまいります。

  • 登録事業者:オートメーションラボ株式会社
  • 適用規格 :ISO/IEC 27001:2013 /  JIS Q  27001:2014
  • 登録日  :2021年1月21日
  • 登録番号 :IS 736841
  • 登録範囲 :AIを活用した経理処理システムの開発、保守
  • 審査期間 :BSIグループジャパン株式会社

※ISMS(Information Security Management System)とは、情報セキュリティ管理体制が国際認証規格である『ISO 27001』に即していることを第三者機関により認定する制度です。