【満員御礼】

本セミナーは定員に達したためお申し込み受付を終了しました。

 

タイトル

電子帳簿保存法解説セミナー(実践編)
~電帳法改正で何が変わる?運用ルール決定で大事なことと後でもいいこと~

 

内容

2022年1月に施行される電子帳簿保存法の改正に向けて、オンラインセミナーを開催します。
本セミナーでは、法改正のポイントを踏まえて、実践的な視点から運用ルールの決定方法について解説いたします。「必ず対応すべきこと」と「後から対応してもよいこと」など実際の運用を見据えて考察し、現実的かつ効率的な業務フローを決定するための一助となることを期待しています。
 
 
開催概要
・日程 :2021年11月26日(金) 13:00〜13:45
・形式 :オンライン(Zoom)
・費用 :無料
・内容:運用ルール決定のポイント

    sweeepを使った具体的な運用方法について
    質疑応答
※お申し込み完了後、アクセス方法などをメールにてお送りします。
※参加者様はカメラ・マイクオフです。ご自宅からもお気軽にご参加ください。
 
 

こんな方にオススメ

・電子帳簿保存法を踏まえて効率的かつ適法性のある運用フローを検討している。
・電子帳簿保存法に対応した電子化システムを検討している。
 

登壇者

村山 毅氏
(sweeep株式会社 代表取締役/CEO)
慶應義塾大学を卒業後、会計系コンサルティングファームにて経理・人事領域を中心にシステム構築、BPO、業務改革等のコンサルティングに従事。2011年にsweeep株式会社を設立し、自動化による業務改善コンサルティング事業を開始。RPAコンサルティング事業、BPO事業を開始し、2018年に受取請求書自動化AI「sweeep」をリリース。オフィスから紙を無くしたいと思っている。
 

お申込み方法

受付を終了しました