受取請求書クラウド「sweeep」が電子帳簿保存法に対応するJIIMA認証を取得

オートメーションラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:村山毅、以下当社)は、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(以下 JIIMA)が認証する「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」(以下「本認証」)を2021年4月2日付で取得しました。

■ JIIMA認証取得の背景
かねてよりsweeepは機能面において電子帳簿保存法「スキャナ保存」への対応が完了(※1)しておりましたが、sweeepを導入する企業様が税務署への申請・承認手続きを容易にかつ速やかに進めることができるよう、本認証を取得いたしました。これにより、申請を行う企業様は電子帳簿保存法によって要求される要件を個々にチェックする必要がなくなり、承認申請手続きの負担を大幅に軽減することが可能となります。

※1:受取請求書の自動処理クラウド「sweeep」が電子帳簿保存法に対応
https://sweeep.ai/news/75427

■ 電子帳簿保存法・スキャナ保存制度とは
紙媒体での保存が義務付けられていた請求書や領収書などの国税関係書類について、一定の要件のもとに、電子データによる保存を認める制度です。本制度に基づき、所轄税務署への申請や、保存の際に一定要件を満たすことを条件として、紙での保存が義務付けられていた書類の電子化が可能となりました。

■「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」とは
スキャナ保存を行う市販ソフトウェアが上記の電子帳簿保存法の要件を満たしているかをチェックし、法的要件を満足していると判断したソフトウェアを認証するものです。本認証を受けたソフトウェアを導入する企業は、電子帳簿保存法によって要求される要件を個々にチェックする必要がなくなり、承認申請書の記載事項や添付書類を一部省略することが可能となります。 

  • 認証製品:  sweeep
  • 認証日 :  2021年4月2日
  • 認証番号:  004600-00
この認証ロゴはJIIMAによりライセンスされています。

▼電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証製品一覧(JIIMAホームページ)
https://www.jiima.or.jp/activity/certification/denchouhou/software_list/