受取請求書クラウド「sweeep」、freeeなど会計システムからワンアクションで仕訳学習が可能な「学習データインポート機能」をリリース

オートメーションラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:村山毅、以下当社)は、当社が提供をする受取請求書の自動処理クラウド「sweeep」において、利用開始時にクラウド会計ソフトfreee(以下「会計freee」)およびその他会計システムからワンアクションで仕訳学習のできる「学習データインポート機能」の提供を開始しました。
これによりsweeep導入時に手間のかかっていた手入力による初期学習が不要になる他、利用開始直後から仕訳や支払情報を自動起票できるようになります。

■ 学習データインポート機能提供の背景

sweeepでは初期学習により請求書と仕訳および支払情報の紐付けを行うことで、初期学習以降は請求書をアップロードするだけで仕訳や支払情報が自動起票されます。しかし、これまでこの初期学習の作業は手入力で行う必要があり、sweeep利用開始時の負担となっていました。
この度、このような課題を解決するために「学習データインポート機能」の提供を開始いたしました。これにより多忙な経理部の導入負荷を軽減し、よりスムーズに業務改善を開始することが可能となります。

■ 学習データインポート機能について

会計freeeをお使いの企業様の場合は、取引先銀行口座や取引先に紐づく仕訳データをボタンをクリックするだけでsweeepに取り込むことができます。会計freee以外の会計システムをご利用の場合は、会計システムから仕訳データをエクスポートしsweeepにインポートするだけで、同様に取り込むことができます。
取り込んだ仕訳と支払いデータはsweeepのAIが学習するため、次に該当の取引先の請求書をアップロードした際には自動的に仕訳や支払情報を起票することができます。sweeep導入直後から高い精度での自動起票を行うことができ、早期に業務効率化が実現できます。

<会計freeeをお使いの場合>

  1. sweeep上で学習データ作成ボタンをクリック。
  2. 取引先に紐づく仕訳や支払情報が取り込まれ自動学習を行います。
  3. 請求書をアップロードするだけで仕訳や支払情報が自動起票されます。

<その他の会計システムをお使いの場合>

  1. お使いの会計システムから仕訳データをエクスポート。
  2. エクスポートした仕訳データをsweeepのフォーマットに合わせてインポート。
  3. 仕訳や支払情報が学習され請求書をアップロードするだけで仕訳や支払情報が自動起票されます。