受取請求書クラウド「sweeep」が法人送金サービス「pring」と業務提携 業務効率化に加え送金コストの削減も可能に

受取請求書の自動処理クラウド「sweeep(読み:スイープ)」を運営するオートメーションラボ株式会社は、送金アプリ「pring(読み:プリン)」を運営する株式会社pringと業務提携いたしました。この提携により、「sweeep」で自動作成された送金データを「pring」を通して一括送金することが可能となり、業務効率化の促進と同時に送金コストの削減も可能となります。


■ pringとの連携について
sweeepは請求書ファイルをAI-OCR*技術を用いて、記載されている情報を自動で読取します。従来、読み取った情報を送金ファイルとして出力し、業務の効率化を支援してまいりました。

今回pringとの提携で、送金データをpring法人送金サービスへアップロードするだけで、リアルタイム且つ複数人に一括送金することが可能となります。これにより、更なる業務効率化を実現できることに加え、送金コストの大幅な削減が可能となります。

*AI-OCR:光学的文字認識(OCR)とAIを組み合わせた技術。sweeepでは、請求書などのレイアウトの異なる帳票から適切に必要な情報が抽出可能。

■ pring法人送金サービスとは
pring法人送金サービスは、法人から24時間365日送金ができるサービスです。経費精算や報酬の受け取りをはじめ、これまで煩雑だった送金業務の負担を軽減させ、さらに送金手数料を大幅に削減することが可能です。
詳しくはこちら:https://www.pring.jp/business/